終了報告『ガレージとーく』第89回ミーティング(2021/11/21)

2021年11月21日(日)に、第89回『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティングを開催いたしました。

当日は大門マルシェが開催され、ウイングロード広場や大門商店街は賑わっていました。そんな中、リピーター7名の方に参加いただきました。

最初に、簡単な病歴や参加のきっかけなどに触れながら自己紹介をし、フリートークということで、近況など自由に話をしました。その後、「今日話したいこと」を出し合ってもらい、事前にリクエストがあったものを含め、以下のテーマが挙がり、それぞれの思いや体験などを話しました。

・病気や障害を持ちながらも、親の介護をしている人の話を聞きたい(ストレス、利用しているサービス、困っていることなど)
・一人暮らしでの生活の仕方や不安など
・つらい時や死にたい時どうしているか?
・手の震えについてー副作用なのか?症状なのか?

 

今回は親の介護をしている方が多く、テーマは「精神疾患や精神障害を持ちながら、親を介護をしている人の話を聞きたい」についてでした。親が施設に入居している人、親と同居し介護している人、母が先日亡くなられたばかりで、残された父を施設に入居させるべきか?同居すべきか?…など、様々な状況の方がいました。実際に施設入所に掛かる費用や使用している介護サービスなどについても話をしました。これから困り事や問題が起こりそうという方には、各市町村にある地域包括支援センターを活用しましょう、という意見が出ました。

障害のある人にとっては、「親亡き後をどうするか?」は大きな問題ですが、親が亡くなる前の「親の介護をどうするか?」も大きな問題です。これはわたし自身が母を介護して日々感じていることでもあります。今後も、わたし自身の経験や介護サービスについて、情報発信や共有をしていきたいと思います。

第89回『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング〜

参加された方へのアンケートの回答から、ミーティングの感想を一部紹介します

 

本日のミーティングの感想をお聞かせください。また運営について(日時・会場・進行等)、意見やお気づきの点がありましたら、ご記入ください

 

介護の話が聞けて良かった

 

介護の話が聞けて良かった。死にたい気持ちを話せて良かった。気付きがたくさんあった。気持ちが楽になった。手の震えについても自分だけでないと思った

 

体調というか心の調子が悪かったので、ちゃんと話を聞けなくて申し訳ないと思った。話も出来なくて申し訳ないと思った。介護の話は参考になって良かった。死にたい気持ちも話せて良かった

 

介護や一人暮らしのことなど、今後を考える上で勉強になることがありました

 

皆さんの話を聞く度に、似たような体験をしているんだなと安心感を得られます。出席して良かったです

 

今後のミーティングで話したいことや聞いてみたいこと

 

できるだけ減薬したいと思って、主治医と話をしています。減薬して困った事があった方の体験談を聞いてみたいです

 

グループホームについて

 

一人の暮らし方

 

兄弟のつきあい方

 

親が亡くなったあとはどうすればいいのか?

 

老後の資金計画について(どんな用意をされていますか?)

 

うつになったときの過ごし方(寝るしかないのか?)

 

一人になるとうつになってしまう(支えが欲しい)

 

負のスパイラルから抜けるには?

 

家に帰りたくないと思うときはありますか?それはどんなときですか?

 

第89回『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング

 

第89回『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング

 

第89回『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング

今回参加された皆さん、ありがとうございます。また、今回都合が悪く参加できなかった方も、ぜひ次回のミーティングへの参加をお待ちしております。

次回、第90回ミーティングは、2021年12月19日(日)です。

えんぱーくの開催になります。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA