『市民タイムス-みんなの掲示板』に『健康学習会』の告知が掲載されました(2022/05/08)

塩尻市片丘公民館が主催する『健康学習会-身近な人がうつ病になったとき』の告知が、本日付の市民タイムス-みんなの掲示板(5面)に掲載されました。​​​​​​​

『健康学習会-身近な人がうつ病になったとき』は、令和4年5月26日(木)13時30分より、片丘多目的研修センター(片丘支所)にて開催されます。講師を務めさせていただきます。

参加対象は塩尻市片丘地区在住の方になりますが、まだ残席があるそうです。残席があれば他地区の方も参加可能だと聞いていますので、参加を希望される方は、片丘公民館までお問い合わせください。

※参加申込締切は、令和4年5月16日(月)です。

片丘公民館・健康学習会『身近な人がうつ病になったとき』

 

身近な人がうつ病になったとき~知っておきたい病気の知識とわたしたちにできること〜

うつ病の回復には、周囲の人たちの理解が大きな支えになりますが、回復に時間がかかること多く、本人だけでなく家族も不安や悩みを抱えています。家族として本人との関わり方や支援方法について、一緒に考えてみませんか。

また、身近にうつ病の方がいなくても、うつ病について理解を深めたい方の参加もできます。ぜひ、お気軽にご参加ください。

 

☆日時:令和4年5月26日(木)13時30分~15時00分
☆場所:片丘多目的研修センター(片丘支所)2階ホール
☆対象者:片丘地区在住の方
☆講師:任意団体うつリカバリーエンジン 代表 長谷川 洋
☆募集定員:20名(申込者多数の場合は抽選とします)
☆参加料:無料
☆内容:うつ病に関する動画上映や講師の経験に基づいた講演、質疑応答など

☆持ち物:マスク、筆記用具
☆申込方法:5月16日(月)までに下記申込書、電話またはメールにて片丘公民館(片丘支所)に申し込みください
☆問合せ先:片丘公民館 電話 0263-52-0125・FAX 0263-53-4680
☆宛先:kataoka@city.shiojiri.lg.jp
新型コロナウイルス感染防止対策のためマスクの着用をお願いします。また、発熱など体調がすぐれない方は参加を控えてください。
※新型コロナウイルスの状況によっては、延期または中止となる場合があります。

 

※『市民タイムス』は、長野県の中信地域(松本市、安曇野市、塩尻市、大町市、東筑摩郡、木曽郡、北安曇郡)を対象エリアにして、発行している朝刊の地域新聞です。発行部数は6万6119部(2018年4月現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA