うつ病の方の症状改善、復職・再就職支援、リカバリーを力強く支援するエンジン。

事業内容

  • HOME »
  • 事業内容

うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』

心の病や障害を持つ仲間同士を「ピア」と呼び、今全国各地で様々な活動が生まれ、育ちつつあります。

『ガレージとーく』は、うつ病の当事者や家族を対象としたピアサポートグループ の場です。ミーティングでは当事者同士が集まって、悩んでいること、苦しんでいること、 思っていることなどを話します。

周りの人にはなかなか理解してもらえない「生きづらさ」や 「心のモヤモヤ」を当事者同士で分かち合うことで、繋がりや癒しを感じてみませんか?

うつ病アドバイザー
〜うつ病の相談者、家族を支援するスペシャリスト〜

2016年6月に、一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)認定 「うつ病アドバイザー」に合格いたしました。

厚生労働省の調査によれば、うつ病などの気分障害で、医療機関を受診している総患者数は、 111万6千人と、調査を開始して以来、最多となっています。(平成26年「患者数調査」:厚生労働省)

ストレスの多い現代社会では、うつ病は誰がなってもおかしくない病気になっていますが、未治療 のまま放っておくと、自殺の可能性もある深刻な病気へと変わってしまいます。その一方でうつ病 に対する正しい知識、正しい接し方などを理解している人は少ないのが現状です。

うつ病アドバイザーはうつ病に対する専門的な知識や心理援助技術を備えているスペシャリストであることを証明するものです。

ベンゾジアゼピン系薬剤(抗不安薬・睡眠薬)離脱者の相談、情報提供等

代表の長谷川です。わたし自身が、2016年11月から「ベンゾジアゼピン離脱症候群」となり、現在も10年以上服用してきたセパゾン(ベンゾジアゼピン系抗不安薬)の断薬に向けた治療を受けています。

当事者の立場で、一人でも多くの人がベンゾジアゼピンによる常用量依存の恐ろしさを知り、それから離脱できること、常用量依存にならないために、自らの体験を踏まえながら、情報発信し行動していきたいと思います。

主に、ベンゾジアゼピン系薬剤(抗不安薬・睡眠薬)離脱者の相談、情報提供等及びベンゾジアゼピン系薬剤の減薬・離薬に関する情報の蓄積・共有・提供を行っていきたいと思います。尚、わたしは医師でも薬剤師でもありませんので、その点はご了承ください。

最近のコメント

    アーカイブ

    • facebook
    • twitter
    PAGETOP
    Copyright © 任意団体うつリカバリーエンジン All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.