『ガレージとーく』代表の長谷川 洋(はせがわ ひろし)と申します。わたしは、高校卒業後、約8年間ソフト会社に勤務し、システム開発の業務に携わり、その後7年半は印刷会社に勤務。印刷会社においては、社内の情報システム管理者として、インターネットサーバやネットワーク等の社内インフラの構築運用を担当。また、同時に企業のWEBサイト(ホームページ)制作を担当し、主にWEBディレクターを担当。印刷会社退社後は、派遣社員となりIT技術者として勤務しましたが、2004年に仕事のストレスからうつ病を発病し失業。その後、自宅療養の後、再就職するも再燃し、失業を繰り返しました。

一般的には、うつ病は2年以内に治る人が80%もいるそうですが、わたしは治療中に何度も再燃し、寛解に至るまで、約7年間も苦しみました。仕事も失い、お金も失い、友人も失い、うつ病になって失ったものは多く、この世から消えていなくなりたいと何度も自殺を考えたこともあります。それでも、発病から8年が経った今、寛解からようやく回復したと言える状態になりました。

うつ病に罹りほとんど何もしていなかった空白の時間は取り戻せませんが、これからの時間をその分濃く、と思っています。うつ病になって、結果、わたしの人生が以前より中身の濃いものになっていたら、それはよかった、と言えるのかもしれません。

うつ病は、適切な治療を受ければ、時間はかかるかもしれませんが、いつか必ず治る病気だとわたしは信じています。わたしと同じようにうつ病で悩み、もがき、苦しんでいる方へ、少しでも役に立ちたいと思っています。うつ病で苦しんでいる人に早く回復して欲しい、そして「回復後のほうが素晴らしい」と思える人生を一緒に歩みたい。

わたしは医療や福祉の資格も経験もありません。そんなわたしに何ができるかを考えてきましたが、まずはうつ病の経験者としてピア活動を始めることにしました。

今興味のあることは、社会起業/メンタルヘルス/精神障害者の就労/J-POP/映画/ドラマ/読書/ファッション/Mac/Web/iPhoneなど・・・

「ミーハー」を武器に、毎日「楽しい」「わくわく」を感じて生きています