5月17日に、うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』第21回ミーティングを行いました。

初夏を感じる晴天のもと、うつ病などの気分障害や不安障害をもつ当事者とその家族、計9名の方が参加されました。初参加の方は3名でした。参加者の中には、北信や南信地方からお越しいただいた方もいらっしゃいましたありがとう

最初に、現在のご自身の病状や近況に触れながら自己紹介をし、その後、今抱えている問題や悩みを中心に語り合いをしました。前半は、別居している娘さんがうつ病を患っており、親としてどう接してあげればいいのか?またご自身もいくつものトラブルを抱えかなり不安定な状態である…という話から、どのような心持ちで生活すれば良いのか?娘さんとはどう関わるのが良いのか?といったことが語られました。(デリケートな問題なので、詳しくはここでは触れないでおきます。)

引き続き、2月から障害者雇用で働き出したけれど、今月で辞めることになった方から、退職に至るまでのことを話していただきましたが、精神障害のことをオープンにして、障害者就労で就職したのに、職場では障害に対する配慮が十分にあるとは言えず働くのが辛かった。また、職場で挨拶をされないなど、同僚として認められていないと感じることもあり、職場の居心地が悪かったとのことでした。そんな話から、オープンで障害者就労したからと言って、必ずしも障害個々の特性に合わせた配慮がされているわけではない、上司や同僚の理解や支援が得られるというわけではない…という現実があることを知る機会になりました。

休憩を挟んで後半では、クローズで一般就労された方が、働き始めて10ヶ月が経ち、順調に働けているという話を聞きました。クローズでの一般就労においては、周囲の同僚達の理解や支援が得られず、仕事や対人関係の躓きが見られ、精神的にかなり苦労することが多いのですが、ご自身で体調管理はどうされているのか?気分転換の仕方はどうされているのか?良い人間関係を保つためにどうされているのか?など、ご自身の体験を語ってもらい、大変参考になったと思います。

引き続き、わたし自身が中途覚醒があり眠れず困っているという話から、睡眠について語り合いました。睡眠薬の話から、寝る前に音楽を聴く、ホットミルクを飲む、アロマを焚く…など、睡眠を快適にする方法などが語られました。また、脳の休ませ方やプライベートと仕事とのスイッチのオン・オフの切り替えについても話題に上りました。

前回に引き続き、ミーティング終了後に有志のみで、会場のえんぱーく1階にあるカフェで「お茶会」をしました参加者はわたしと含めて4名でしたが、ミーティングの延長話からミーティングでは話せないプライベートなこともお互い話せて楽しかったです笑

尚、今回のミーティングでは、「グループの心得」を守れず、自分の意見や体験を押し付けたりするような発言をされる方がおり、皆さん、違和感を感じていたようです。この方には、「グループの心得」にあるように、今後の参加をお断りさせていただきます。

今回参加された皆さん、足を運んでいただきありがとうございますまた、今回都合が悪く参加できなかった方も、ぜひ次回のミーティングへの参加をお待ちしております。

次回、第22回ミーティングは、2015年6月21日(日)を予定しています。詳細については、後日、ブログでご案内させていただきます。

第21回ミーティング