メンタルヘルスマガジン「こころの元気+」2014年8月号を紹介しま
す。

この本はメンタルヘルスマガジンという名の通り、うつ病や躁うつ病、統合失調症などの精神疾患をかかえる本人向けの雑誌です。なかな
か精神疾患を取り上げて毎月発行される本は無かったですし、何より同じ病気をかかえて闘病生活を送っている人たちの声が聞ける唯一の本で
す。

毎号の特集はもちろん、たくさんの連載があり、いつも楽しみに読ませてもらっています。そしていろいろ参考になっていますイイ!!

もし、まだ「読んだことが無い!」という方は、ぜひ読んでみてください。購読の申し込みは、下記のホームページからできます↓(書店では販売していません)

リンク
「こころの元気+」最新号の情報・お申込みはこちら

ペットに癒されたい

特集は「ペットに癒されたい
です。つらい時に、よりそってくれるペットや家の周りでみかける猫たちに癒されたり、勇気づけられた、という声があります。動物は、人間のストレスを癒してくれたり、危機を感じ取ってくれたりすることもあるともいわれます。8月号は、動物たちと人間との関わりについて体験談や専門家の方からのアドバイスを盛り込んだ特集です。

目次より

うちのオカメインコポロ/佑実
●ペットに癒されました。救われました。
●ペットとのおつきあいの心構え/横山 章光 今野 直人
●癒しのペット大図鑑/はにゅけんまま
●こんなペット(?)でも癒されます
●ネコと私/ムトウカエル
●ペットについてのつらい話
●動物が飼えません

以下、連載の一部を紹介します。

大野先生(国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター長)の「いろいろ応用できる認知療法をじょうずに使ってみませんか」File.61は、「心の力、レジリエンス」についてです。

質問コーナーの「おこまりですか?では他の人に聞いてみましょう!」Vol.90は、「病気のことを伝える、伝えないで迷っています」についてで
す。

渡邉博幸先生(千葉大学社会精神保健教育研究センター・千葉大学医学部付属病院)の「さじかげんよいかげん~ちょうどよい薬の量のはなし~」第4回は、「抗不安薬・睡眠薬のさじ加減-ベンゾジアゼピン系薬のスリム化-」についてです。

『こころの元気+』2014年8月号