メンタルヘルスマガジン「こころの元気+」2014年6月号を紹介しま
す。

この本はメンタルヘルスマガジンという名の通り、うつ病や躁うつ病、統合失調症などの精神疾患をかかえる本人向けの雑誌です。なかなか精神疾患を取り上げて毎月発行される本は無かったですし、何より同じ病気をかかえて闘病生活を送っている人たちの声が聞ける唯一の本で
す。

毎号の特集はもちろん、たくさんの連載があり、いつも楽しみに読ませてもらっています。そしていろいろ参考になっていますイイ!!

もし、まだ「読んだことが無い!」という方は、ぜひ読んでみてください。購読の申し込みは、下記のホームページからできます↓(書店では販売していません)

リンク
「こころの元気+」最新号の情報・お申込みはこちら

役所のことで苦労しています

特集は「役所のことで苦労しています」です。障害年金、自立支援医療、相談など、公的な機関とのかかわりはたくさんあります。役所の方との関わりは、うまくつきあうことができればよいのですが、付き合う上での苦労も多いことでしょう。この特集は、みなさんの苦労体験談をたくさん掲載しました。また、役所の人とうまくつきあっていくコツもわかるような内容です。

目次より

窓口はこちらです/葉月 みかん
●木曜日しかいない担当者/鳥さなぎ
●役所の人へ伝えたい感謝の気持ち
●こんな苦労をしました
●役所の人への私の要望書
●こんなつきあい方、こんな工夫をしています
●支援してくれる人と一緒に/佐藤 恵美 井坂 武史
●皆さん役所へ来てください/鈴木 将人
●役所への感謝と苦労アンケート
●役所の手続きで知っておくと便利なこと/行實 志都子

以下、連載の一部を紹介します。

認知行動療法センターの大野先生の「いろいろ応用できる認知療法をじょうずに使ってみませんか」File.59
は、「サイトにアクセスする苦しんでいる人たち」についてです。

質問コーナーの「おこまりですか?では他の人に聞いてみましょう!」Vol.88は、「うつ病になって風邪をひきやすく」についてです。

コンボ共同代表で精神科医でもある伊藤順一郎先生の「トピックス」は、「厚生労働省が多剤処方に制限~皆さんに気を付けてほしいと~」についてです。10月からの新制度を解説。みなさんにしていただきたいことがあります。

『こころの元気+』2014年6月号